なちゅらみヨーガ*Space Samsara*  misayoga.exblog.jp

山口・宇部のヨガ教室 なちゅらみヨーガ主宰のmisaoです。yogaのこと、自然活動も


by misayoga
プロフィールを見る
画像一覧

なにものでもない

「なにものでもない」という言葉について

これまで何回かブログに書いてきたのですが、

もう15年くらい前のヨガの中で先生がかけてくれた言葉です。


日々目の前の世界の中で、奮闘していた若かった自分にとって、

その世界で、その会社で、そこから見える未来で、なんとか自分が

楽しく、何かを達成して、何者かになりたいと希望を持っていた。


だけど、一生懸命だけでは通用しないことがあると知っていく時期。


その当時から少しずつヨガをはじめて、体の喜びに触れ、ようやく自分と出会ったようなそんな感覚だった。

毎日の大半を過ごす会社での時間もそれなりに楽しかったけど、

この自分と出会う、自分と一緒にいる、「やっと会えたね」と感じられる

週に1回の時間が私にとって欠かせないものでした。


そこでは、何かの役割ももっていないし、ただそこにいるだけ。

周りの人と特別に仲良くする必要もないし、でもみんな自分を探求しに来ているせいか

その時間にわくわくしていて、着替えをする部屋でちょっとずつお互いに声を掛けたり

ちょっとずつ笑ったりして、自然に仲良くなっていた。


お互いのことをそんなに知っているわけではなくても、そこに来たら会う人とか。


自分と触れる喜びや、心身の気持ち良さや、ときには心地悪さを感じる時間。

わたしも、何かを続けることによって、自分のパターンに触れて、何かを避けたいのか行きたくない日もあった。


それでも、心身をリセットするには最適なのはヨガだったし、離れてもまた戻る。


だから、たまにでも、久しぶりでも、自分に必要と思ったら来てほしい。

そこで何か役割や、ヨガにいくならこうあるべき、とかそんなのいらない。


ヨガにいく日に気分が悪くてもいい。

ヨガにいくために準備しなくていい。

必要と想えたら、その時に来たらいいと思う。

自分のために、時間を作って、ヨガにいく行為が自分を助けることになればいいなと思う。



by misayoga | 2018-07-04 07:01 | ■日々のこと