なちゅらみヨーガ misayoga.exblog.jp

山口・宇部のヨガ教室 なちゅらみヨーガ主宰のmisaoです。yogaのこと、自然活動も


by misayoga
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

とても安全に自分を愛する方法

小さいころはひどいアトピーで、よく親に掻いてもらっていた。

大人になってからそれを振り返ると、それは ”わたしに触れてほしい” という愛情を求める一つの形だったんだなと思う。

小さい時は、親が全てで、それは親にやってもらわなければ意味がなかったのだと思う。

今は大人だから、自分の体をよしよしと自分で触れることができる。

とても安全に、自分に愛を注ぐことができる。

ただ、自分自身で優しく触れていくのだ。

可愛くてたまらない猫を、可愛いねぇとつぶやきながら、からだをさするように

わたし自身を可愛いねぇと想いながら、ただただ、腕や足やいろんなところを

さすってやるのだ。

どれくらいの強さでやるか、肌と触れ合う密着感はこれくらいがいいとか、探りながら。

ヨガで柔軟性がついたおかげで、背中の方までしっかりと手が届くようになって

背中の特に腎臓のあたりが疲れたなぁと感じる時には、とてもよく効く。

その手のあたたかさがしみるようだ。

ここ数年、お風呂上がりのボディオイルが欠かせなくなっていて、

それは乾燥防止からはじめたことなんだけど、すみからすみまで触れるというのは

とても大事な気がしている。

いつも同じところばかりだったのが、だんだん、ここは忘れがちだったな、ここにも触れてみようとか

この脂肪を絞り落そうとする自分に気づいて、そんな今の体を否定するような触れ方はやめようとか、

いや、でもこの重たいもたついた感じを落としたいから、絞る感じでやっちゃおうとか、

時によって、いろんな気持ち、いらいらとか、気持ちよさとかが交錯しながら、日々くりかえす。

慣れてくると、ダイナミックに、マッサージのロングストロークのように、いい流れで触れられるようになったりして

楽しいのだ。たまにめんどくさいときもあるけどね。

オイルじゃなくても、朝起きてからでも、いっぱいさすってやるんだ。





by misayoga | 2016-09-18 22:05 | ■日々のこと