なちゅらみヨーガ*Space Samsara*  misayoga.exblog.jp

山口・宇部のヨガ教室 なちゅらみヨーガ主宰のmisaoです。yogaのこと、自然活動も


by misayoga
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:■日々のこと( 40 )

ヨガセラピー デモ体験

久しぶりにシェアです。

宮島で4/26-29に開催されたヒロシマヨガピース2014に初めての参加でした。

今回は、クリパルヨガの三浦徒志郎先生がヨガセラピー入門とクリパルヨガの実践

という2つのクラスをされるので、そのアシスタントとして参加させてもらいました。

久しぶりのトシさん(先生)に会えるうれしさ、クリパルヨガティーチャー仲間に会えるうれしさ、

クリパルヨガのエッセンスに触れられる楽しみと、アシスタントとしてのドキドキと、いろいろな

ものがありながら、宮島に着くと、独特ののんびりムードに少し心が和らぎました。


会場へのんびり歩いて向かう途中に、ヨガセラピーでコブラのポーズのデモをやらせてもらうことになって

そこからめっちゃどきどきがはじまって、何回もトイレにいって、体をほぐしたり。。(汗)


距離は言い訳にはならないけれども、日常で直接クリパルヨガのレッスンを受ける機会がないこと、

研修に東京へいくことが減っていることを考えると、クリパルに触れることがうれしいのと同時に

鈍っているのではないかという恐怖感もありました。


でも、せっかくのこの機会に、最近少し自分の奥が、ハートが、きゅっと固くなっている感覚があったので

そのデモの中で何か気づきを得ることができたらいいなとも思っていました。


フェニックス・ライジング・ヨガセラピーでは、2人ペアになり、ヨガのポーズを保つのにもう1人にサポート

してもらいながら、少し長い間そこで起きる感覚に意識を向け続けることをします。

そして、そこで何が起きているのか問いかけ、言葉にしてもらうのです。 判断せず、理由とかもいらない


わたしは、うまくいっている風に見せようとか、手放して、気張らず、自分でもどう感じるかわからない、

そこに任せようと、おもって臨みました。


コブラのポーズで上体を起こし、腕は後ろでトシさんに引っ張ってキープしてもらった状態。

まず、腰や背中に緊張やきつい感じが起こる。

サポートのため引っ張ってもらっている腕がビリビリする感じ。

引っ張ってもらっているのに、自分の力が入ってがちがちな感じもある。

呼吸を深めながら、目を閉じて感覚だけを見続ける。

腕は力が勝手に入って掴もうとしているのに、手の指先は、トシさんの腕を掴もうとしながらも

少し浮いた状態。

つかもうとしてるのに、指先はそれを掴もうとしていない。しっかり握りしめていない。

なんとなく、 こわい  という感覚。

トシさんに、何が起きているか問われながら、ひとことずつ、感覚を確認しながら言葉にしていく

もっとつかみたいのに つかめない

そう言葉にしていた時には、腕のがちがちの緊張はゆるんでいた

知らない間に体の感覚が変化していた


そしてゆっくりと床に戻り、解放される

腕全体のびりびり感が際立って強く感じられた



決まった目的地はない こういう結果が起きたら正解とか 正しいやり方とかない

ただ 心に 体に 起きていること 起きてくることを感じて 見ていく

ほんの数分間の出来事


その腕の感覚を通して 後からふっと思い浮かぶことがありました。

しばらくの間痛めているお尻の周りから太もも裏側にかけての痛み


腕のぎゅっとしまる緊張感みたいなもの

それと同じようなものが右足の奥深くにも起こっているのかもと思いました。

体が透けて見えるように、そんなイメージがわきました。


分からないけれど。

頑張らなければ、って思ってばっかりで ティーチャーとしてポーズちゃんとしなきゃって

そこまで頑張らなくてもいいくらいのところで感じられるものがあるのかも。
 
いつもその場所を通り越していたのかなぁって。


ほんとに5分もないくらいの短い時間に ふっと湧いてくるもの。

内側から出てきたことで、自分への信頼感も増してくるような。
 

今、必要なものは、自分の中にあって、目を向ければちゃんと与えられるってこと。

仲間や信頼できる人、安心できる人のサポートがあって、委ねられる安全な場であることもとても大切。

いっぱい感じさせてもらって幸せでした。

ありがとうございました!



トシさんとアシスタントのティーチャー仲間と❤
f0270027_20452992.jpg


トシさん♪
f0270027_20461437.jpg

by misayoga | 2014-05-01 20:53 | ■日々のこと

流れ流れて

はじめて きちんと ヨガ教室を開いたのは 2010年11月11日でした

くねくねと 迷いながら 進んでいますが また少し違う風も 吹いてくるのかなぁと感じるこのごろ

これから 岩盤ヨガへ あたたかい部屋が なによりの楽しみ♡

f0270027_1722913.jpg

by misayoga | 2013-11-11 17:03 | ■日々のこと
雨の森での過ごし方  ”雨だからって 一日室内ではすごさない” 

10:00-10:10 開会あいさつ 手放しのワーク

10:10-11:30 ヨガ

11:30-12:00 はじめまして

12:00-13:00 ランチ 

イベントの日 簡単に開会のあいさつとオリエンテーション後、まず手放しのワークをしました

せっかく遠くまで日常を離れてほしいから 頭に浮かぶ気になってしょうがないこと、嫌な人のこととか

一度紙に書くことで自分の中から出してもらう 書いた紙をびりびりびりとちぎって ぽい!

頭をからっぽにしてから ヨガから始めました

湯川さんの提案で、屋根付きの通路の下で 風に吹かれながらのヨガでした

目の前には徳地の山 そこを霧がただよって 少しずつ姿を変えていきました

少し寒さを感じながら たっぷりヨガ80分 ふと気が付くと ハチの頭やカメムシが転がっていて

普段の生活なら ぎゃーとか言ってしまいそうだけど あ、 そこにあったのね みたいな

一緒に ただそこにいる感じが おもしろかった


部屋に戻って ネイチャーゲームの”はじめまして”

お互いの自然体験や 自然の中で こんな本読みたいとか 質問し合ってお互いを知る

小さいころ 家でニワトリを飼っていたという人が何人かいて 生まれた卵を食べてたよ とか

お祭りの卵はね。。と 盛り上がりました


お昼は なないろのんた のお弁当!

ていねいに 作られたひとつひとつの味 季節の葉っぱやお花が飾られた お弁当

おにぎりが とても とても おいしくて サービスで追加してもらっていたおにぎりに 元気をもらった
f0270027_1824213.jpg
 


13:10-14:30 森の散策と 阿瞑想

14:30-15:10 本の紹介と森の瞑想

15:10:15:40 クラフト

15:40-16:00 お茶とお菓子とアンケート


午後のスタートは、雨の中の散策

足場の悪くない 施設周辺を たっぷりと1時間以上 ふだん身近にあるけど 名前も知らないもの

はじめてみるもの かっこいいいけてるドングリ 赤い実 ひとつぶ みんなで 食べてみる

ドングリを 拾いまくる キノコが目につくと キノコばかり見つかる ハゼの木には 注意ね


散策の最後 森の案内人さんが最近体験してとてもよかったという 阿瞑想 をみんなでやってみた

本来は座禅をしてということだけど 外で 自然に向かって 腹から あー っと声を出していく

声が途切れたら また あー と繰り返す 

あー が体中を響いてまわり ヨガでオームを唱える時と同じような 振動を感じて 心地よかった


そして森の瞑想

その前に 北山耕平さんの『地球のレッスン』 から 3つの詩を紹介しました

「地球はひとりの女性である」 「地球を敬う」 「自然のなかに友だちをつくろう」

緊張と 内側から湧いてくるなにかで 声がふるえてしまったけど やってよかった

朗読の後に、小高い小さな丘を ふらり ふらりと歩いて 自分が心地よく 座れる場所をみつけて

15-20分 すごしてもらいました 今日であった 気になる自然物へ 心のなかで話しかけてみたり

ただ 自分のためにぼーっと過ごしたり 自由に 雨粒がおちてくるのを 感じながら


そのあとで 感じたことをシェアしてもらったのだけど 人間は 無意識に 自然を求めているし

必要としているのだなと思った ほんとに あたりまえにように


最後のクラフトの自由さは 予想を裏切って それぞれの大人女子がつむぐ オリジナルストーリー

ひとりひとりの中にある可愛さを見たような気がします


最後の最後のシェアも 心に響くものがあって 素直な声が 聴けました 

あとからメールで 本当はもっと こんなことを言いたかったんです って伝えてくれた人もいました


でも その時の言葉で 十分に伝わるものがあって わたしは嬉しかったです

みんな どこか ゆるんだり 解放されたり 手放しできたことがあったみたいで よかった

また アンケートの声など 紹介したいと思います ありがとうございました

f0270027_18345027.jpg

by misayoga | 2013-11-10 18:35 | ■日々のこと

森の神さま

森の神さま っているなと思った日

森のイベントの日 まさかの雨 1週間前くらいから 午後傘マークになっていた

午前中は なんとかいけそう そしたら 午前中に散歩して クラフト材料を 拾いながらの散策もいいな

と思っていたのは前日まで

前日の午後になってくると だんだん宇部も雲行きがあやしくなってきた

クラフト材料 朝拾えばっていってる場合じゃないなという予感で 日暮れ前に 空港横のマテバシイがたくさんなっている林へいってきた

人気のない場所なので 奥まで入らず とにかく マテバシイの たくさんの実と つやつやの落ち葉と

強風で 折れて ころがっている いい感じの枝をぽきぽき折って 持ち帰りました でも全然足りない

普段から拾い集めている どんぐりたちも 結集させてみたけど まだまだ というところ


翌朝 徳地へ向かう道は ワイパーが追い付かないくらいの雨

だんだん落ち着いてきて 出雲神社についた

今日一日が無事であるように まずはお参りしてきた

その帰りに道 参道をよく見ると 黄色くて 大きな葉っぱや 杉の木の枯れ枝と実 道路に落ちたイブキの

切れ端のようなもの

ああーーー! ここにも!! ここにも!! と いろんな色 いろんな形のものを拾いまくった

濡れててもいい 手ぬぐいでふいたら 十分使えるはず

やっぱりきてよかった! 神さまは ひつようなものを 与えてくださったのだなと わかりました

祈りが通じて うれしかった わたしの 徳地の 守り
f0270027_17213838.jpg
f0270027_17215352.jpg

by misayoga | 2013-11-10 17:23 | ■日々のこと

ツリークライミング♪

ここは 宇宙ですか? 無重力状態 ゆらりん

f0270027_12373535.jpg


森のイベント下見あとの お楽しみ♪
by misayoga | 2013-10-01 06:35 | ■日々のこと

悟りについて

f0270027_23461355.jpg


タロットのおもしろさを教えてもらい、いつも背中を押してくれる結妃さんと

高いところにいきたいと思った はじめてのヒカリエ

わたしが”悟りたかったんだ”っていったら、ずっと驚いていた ピース!

今も、神様のこと、この世界の仕組みをしりたいと思っている

悟り とか そんな気軽に友達と話せないから 普段何も言わないけど

本当は 悟り ってこと ずっと追っているのかも 

だから やっぱり マントラ なのかな
by misayoga | 2013-08-01 23:51 | ■日々のこと
f0270027_23425144.jpg
f0270027_2343014.jpg


クリパルファミリーと

のぶさんとひろみちゃんのヨガスタジオ

Rainbow Yoga Roomのすてきなおうちでリトリート

憧れだったサーフィン!一発で波に乗れたよ~

のぶさんが完璧なタイミングで押してくれたからね(笑)
by misayoga | 2013-08-01 23:45 | ■日々のこと
明日からまたまた東京へ。

今回は、五大元素(土・火・水・空・気?)のマントラと、ハーブのお勉強です。

土曜の朝は代々木公園で青空ヨガー!

大学時代の同級生や2年前に初めて五反田でヨガ教室をスタートして、その時にきてくれていた生徒さんに声をかけて。

地震のあと地元に戻ってそのままで、ずっと気になっていました。久しぶりに会えるー!うれしいー!

それに初めてのビーチヨガ!2年ぶりに水着を持っていきますが。。どきどき。

マヤの新しい年がスタートする日!めでたい!思いを宣言するぞー!

f0270027_23333479.jpg

by misayoga | 2013-07-25 23:40 | ■日々のこと
こんばんは。
山口宇部のクリパルヨガ教室 なちゅらみヨーガです。

本日7/19から夏の土用期間に入りました。

これは8/7まで続き、立秋を迎えます。

地球暦FBページより

今日から土用入りし、夏から秋への変わり目を迎えました。

季節の曲がり角である、四立(しりゅう)の立春・立夏・立秋・立冬は一年という円を四角く、四季で仕切っている、季節の四本柱ですが、その各18度前から、季節の変わり目を意味する「土用」という18日間の期間がはじまります。
年に四回の土用は、合計72日間あります。

18日間は次の季節への調整期間ですので、衣・食・住、全ての生活環境、あらゆる局面を、夏から秋へと模様替えしていきましょう。

───────────────────────────────────
土用の時は、細かい変化は多く、大きな変化は少なく。
───────────────────────────────────
土用のこの時期は、物事を変化させる力が大きいので、細心の注意を払い行動するようにと、土台に関わる作事(造作、修繕、柱立、礎)は全て慎むべきとされている習わしがあります。
一年の中で、季節が変わる時に、それに合わせて変化させてはいけないというのは矛盾に感じるかも知れませんが、大きな決断は、“変わり目”より、安定した時を選びたいものです。
変化の波に合わせて、動かしていくことと、留めるものの区別してみるとよいでしょう。


ここから次の季節の予定、企画についてむふむふと考えようと思います!

やっぱりカレーパーティーしないとね!
by misayoga | 2013-07-19 22:54 | ■日々のこと

自分のためのヨガ


f0270027_9135689.jpg
たま(母)とあーちゃん(子)


おはようございます。山口宇部のクリパルヨガ教室 なちゅらみヨーガです。


ちょっと前に、市内のヨガの先生のクラスを受けてきました。

どうしても、自分のためにじっくりヨガを味わう時間が必要!と思い立って初めての先生の所へ。


自分のするヨガのタイプが違っていて、それは時々とてもやりたくなるヴィンヤサ(呼吸と体の動きを連動させる)のヨガでした。

流れるような気持ちよさと、踏み込む下半身の土台がだんだん強くなっていくのを感じながら、


「もう一人はいやだーーー!」という声が聞こえてきました。

自分の中から。


「ポーズがうまくできたって、幸せじゃないと意味ないじゃーーーーん!!」

っていう声もあとから。


今、「家族」がテーマです。
目の前の家族との関わり方がすべてにあらわれていると、最近感じています。(きゃーーー!!!)

ベース。ですね。


下半身が強くなって、安定しても、外側の筋肉を固めても、なんかちがうのです。

筋肉はとても助けになるのだけど、それがほしいんじゃないなぁ。


うん。
ありがとう。
気づけたことに、ラッキー♪
by misayoga | 2013-07-11 09:35 | ■日々のこと