なちゅらみヨーガ*Space Samsara*  misayoga.exblog.jp

山口・宇部のヨガ教室 なちゅらみヨーガ主宰のmisaoです。yogaのこと、自然活動も


by misayoga
プロフィールを見る
画像一覧

久方ぶりのヴィパッサナー瞑想 その2

10日間コースのうち、最初の3日間は、呼吸と鼻先におこる繊細な感覚に意識を向け続ける、「アナパナ瞑想」というものをおこないます。

集中するポイントが鼻先しかないから、その狭い範囲に集中し続けるということが、なれるまではなかなかハードです。

気づいたら違うことを考えていて、もう一度、呼吸と鼻先に戻って、そしたらまた別のことに意識が向いて、戻って。。ひたすら繰り返しです。

これは毎回感じるのですが、このアナパナ瞑想の間、なんだか知らない自分の記憶としては思い出せない短い映像のようなものが、瞬間的に切替わり、見える感じがあります。

自分の記憶にないけど、どこかで見ていたのか、ここにいるみんなの記憶の集合体から拾っているのか?

よくわからないけど、毎回起こります。

でも4日目以降のヴィパッサナー瞑想に入ることにはこれはなくなるので

表層にあるこびりついた思考のゴミみたいなのが、浮かんではきえてるのかな?

というこれは勝手な推測です。

マインドはこんな感じでいるのだけど、今回も足が痛かった。

前回はヨガもやってなかったけど、今回は多少股関節の柔軟性はあるからと思ったけども。。。

関係なかったです。どう居心地良く、集中できるように座るかも毎日試行錯誤しましたが、痛かった。

もう、3次元とは違うところからの痛みなのかも。。コントロールできません。


朝4時半から、夜9時過ぎに講話が終わるまで、休憩をはさみつつひたすら瞑想です。

軽く体を動かせるように、美しく手入れされた庭があるのですが、今回は庭の散歩は控えめに

休憩時間は寝る!ことをメインにしました。あまり外側にエネルギーを使いたくなかったし。


本当は、思考を休ませるために、何もしないところから内側から湧いてくるものを待つ ということを

やりたいと常々思っていて、それでここに来たのですが、あまりそういう軽さではここに10日間留まれない

気がしてきて、最初の数日で腹をくくりました(笑)

やっぱり、ギュッとエネルギーを集中する決意みたいなのがいる、修行だった。


最初は、ここに来るまでに旅に出ていたこともあり、楽しかったことや、瞑想中にはっと思いついたことを

帰ったらだれだれに話そうとか、外側の世界のことが何かにつけ浮かんできていました。

ここを出た後のことに対する期待とか、空想が繰り広げられていて。。瞑想に戻りたいのに止まらない。


そんな中でハッと気づいたのは、

わたしは3日前から、携帯も預けているし、誰とも言葉を交わしていないし、ここにあるわたしという肉体意外に

なにもコンタクトをとっていない。だから、外側の世界で私というものに関わる何事も起きていない。

それなのに、頭の中は、この後こうなるといいなということを空想することで、時間を過ごし、まるでその空想が

現実になるように期待している。

それはただの空想で、思考で、まったく現実に起きていない。

いや、そうですよね。当たり前のことなんだけど。

いつも私はこうやって、今のことよりも、過去や未来に対しての甘い記憶や期待を空想の中で楽しんでいる。

まるでそれが現実のことのように、空想している。

じゃあ、今ここにある自分の肉体ってなんなんだろう?

この肉体は今、なにも物事を起こしていない。なにもしていない。頭の中で人生を繰り広げているだけ。


これを体で味わった感じ、ぎょっとしました。

今にいる、いまここで生きるってなんだろ。

f0270027_16341920.jpg

by misayoga | 2016-07-13 16:35 | ■日々のこと