なちゅらみヨーガ*Space Samsara*  misayoga.exblog.jp

山口・宇部のヨガ教室 なちゅらみヨーガ主宰のmisaoです。yogaのこと、自然活動も


by misayoga
プロフィールを見る
画像一覧

ヨガセラピー デモ体験

久しぶりにシェアです。

宮島で4/26-29に開催されたヒロシマヨガピース2014に初めての参加でした。

今回は、クリパルヨガの三浦徒志郎先生がヨガセラピー入門とクリパルヨガの実践

という2つのクラスをされるので、そのアシスタントとして参加させてもらいました。

久しぶりのトシさん(先生)に会えるうれしさ、クリパルヨガティーチャー仲間に会えるうれしさ、

クリパルヨガのエッセンスに触れられる楽しみと、アシスタントとしてのドキドキと、いろいろな

ものがありながら、宮島に着くと、独特ののんびりムードに少し心が和らぎました。


会場へのんびり歩いて向かう途中に、ヨガセラピーでコブラのポーズのデモをやらせてもらうことになって

そこからめっちゃどきどきがはじまって、何回もトイレにいって、体をほぐしたり。。(汗)


距離は言い訳にはならないけれども、日常で直接クリパルヨガのレッスンを受ける機会がないこと、

研修に東京へいくことが減っていることを考えると、クリパルに触れることがうれしいのと同時に

鈍っているのではないかという恐怖感もありました。


でも、せっかくのこの機会に、最近少し自分の奥が、ハートが、きゅっと固くなっている感覚があったので

そのデモの中で何か気づきを得ることができたらいいなとも思っていました。


フェニックス・ライジング・ヨガセラピーでは、2人ペアになり、ヨガのポーズを保つのにもう1人にサポート

してもらいながら、少し長い間そこで起きる感覚に意識を向け続けることをします。

そして、そこで何が起きているのか問いかけ、言葉にしてもらうのです。 判断せず、理由とかもいらない


わたしは、うまくいっている風に見せようとか、手放して、気張らず、自分でもどう感じるかわからない、

そこに任せようと、おもって臨みました。


コブラのポーズで上体を起こし、腕は後ろでトシさんに引っ張ってキープしてもらった状態。

まず、腰や背中に緊張やきつい感じが起こる。

サポートのため引っ張ってもらっている腕がビリビリする感じ。

引っ張ってもらっているのに、自分の力が入ってがちがちな感じもある。

呼吸を深めながら、目を閉じて感覚だけを見続ける。

腕は力が勝手に入って掴もうとしているのに、手の指先は、トシさんの腕を掴もうとしながらも

少し浮いた状態。

つかもうとしてるのに、指先はそれを掴もうとしていない。しっかり握りしめていない。

なんとなく、 こわい  という感覚。

トシさんに、何が起きているか問われながら、ひとことずつ、感覚を確認しながら言葉にしていく

もっとつかみたいのに つかめない

そう言葉にしていた時には、腕のがちがちの緊張はゆるんでいた

知らない間に体の感覚が変化していた


そしてゆっくりと床に戻り、解放される

腕全体のびりびり感が際立って強く感じられた



決まった目的地はない こういう結果が起きたら正解とか 正しいやり方とかない

ただ 心に 体に 起きていること 起きてくることを感じて 見ていく

ほんの数分間の出来事


その腕の感覚を通して 後からふっと思い浮かぶことがありました。

しばらくの間痛めているお尻の周りから太もも裏側にかけての痛み


腕のぎゅっとしまる緊張感みたいなもの

それと同じようなものが右足の奥深くにも起こっているのかもと思いました。

体が透けて見えるように、そんなイメージがわきました。


分からないけれど。

頑張らなければ、って思ってばっかりで ティーチャーとしてポーズちゃんとしなきゃって

そこまで頑張らなくてもいいくらいのところで感じられるものがあるのかも。
 
いつもその場所を通り越していたのかなぁって。


ほんとに5分もないくらいの短い時間に ふっと湧いてくるもの。

内側から出てきたことで、自分への信頼感も増してくるような。
 

今、必要なものは、自分の中にあって、目を向ければちゃんと与えられるってこと。

仲間や信頼できる人、安心できる人のサポートがあって、委ねられる安全な場であることもとても大切。

いっぱい感じさせてもらって幸せでした。

ありがとうございました!



トシさんとアシスタントのティーチャー仲間と❤
f0270027_20452992.jpg


トシさん♪
f0270027_20461437.jpg

by misayoga | 2014-05-01 20:53 | 感じること